BLOG(ロングラン公演) of hananojtheater.com

「4時48分サイコシス」に挑んだ日々を花野純子が綴ります。

劇作家Jと演出家のサイコシス…この2年間。

DSC06889.JPG

2011.12.9(金)

映画の脚本を3年間書いていて「Jストームムービー」と言うジャニーズ事務所の企画選考に落ちて大きな仕事だっただけに力尽きてしまっていた3年前…。もう何もしたくないと思っていたのですが、当時「フェスティバル東京」で飴屋法水さんが「4時48分サイコシス」を演出すると聞いて興味をもち、またその戯曲の作者サラ・ケインが、この戯曲を書き終えて自殺した…と言うスキャンダルにも強く興味を持って、ここ数年感じた事がなかった高揚を感じてサイコシスを読みました。不謹慎な話ですが戯曲を読んで、この深遠な絶望感を美しいと感じ興奮しました。官能を感じたんですね。なぜか。もうこれ是非やりたいし、俳優はたぶんもう一生やらないと思っていたけど、これは是非やってみたい、いえやらせてください。と花野PDに相談しました。主人は「タイトルが良い」と戯曲読む前から「やろう」と言ってくれて、師匠である石井岳龍(聰亙)監督は「サラ・ケインはデビュー当時からのファンです。是非やった方が良い」と、背中を押してもらいました。2年経ってロングラン終わって、本当に飽きなかったし、セリフ覚える時もすごく幸せで、もちろん果てしない旅みたいに思えてへたばりそうになった事もあったけど、こんなに私自身まだ力があったんだな。と思えて、戯曲を書いたサラ・ケインは13年前に死んじゃったけど,私は生き返ったみたいな気持ちになれたんです。

千秋楽満員御礼! 1年間、有り難うございました。
「自由を得る為に!」花野組4時48分サイコシス

DSC07042.JPG

2011年.12月4日(日) 花野組「4時48分サイコシス」千秋楽の挨拶に代えて

私は、人生とは「自由」を得る為にあると考えています。

しかし、今の日本を見ていると、「自由」が失われつつあるように感じます。
多くの人達が、他人の目を気にして、自分の心を無視するようになったのです。
それは、誰かの所為で、そうなったと言うよりも、自分自身で自由を捨てているように見えます。

その原因として、自分の心に従い、少しでも人と違う行動を取れば、たちまち阻害されてしまうのではないかという、恐怖に支配されているせいだと私は見ています。
特に若い世代に、そういう傾向が見られるようです。

果たして、人と波風を立てる事を恐れるばかりの人生に、どれほどの価値があるのでしょうか。

自ら自由を捨てている人達に、私は、はっきり申し上げたい。
誰もあなたを邪魔しないし、邪魔する事もできない。
あなたが自由であるかどうかは、あなた自身が決める事だと。

「4時48分サイコシス」の作者であるサラ・ケインも、自由を求めた女性だと思います。
ただ、彼女の気持ちを受け止められる人が、まわりに居なかったのでしょうか、残念ながら今から13年前に彼女は自殺しました。

彼女の遺作となった「4時48分サイコシス」には、本物の自由と愛情を求めて戦い、死んでしまった、ひとりの女性の切実な気持ちが込められています。

私達は、その気持ちに全力で向き合い、サラ・ケインに向けて、私達なりの信念を込めた答えをロングラン公演で示したつもりです。

そして、来年以降、私達は、東京等へ北上し「4時48分サイコシス」を上演します。
北上には、私達の劇を少しでも多くの方々に観て楽しんで頂きたいと言う思いが一番にあるのですが、
私のもうひとつの真意としては、公演を通じて、多くの人達に「自由」を得る事の大切さを訴えていきたいという気持ちもあります。

どうか、今後とも、私達の活動にご注目頂けたら幸いです。ご意見・ご批判はいつでも歓迎いたします。

最後に、ロングラン公演中にお越し頂いた全てのお客様に心から感謝いたします。
最後までおつきあい頂き、有り難うございました。また、いつかお会い致しましょう。

花野組 代表:花野孝史(製作・プロデューサー)

ついにラストステージ!千秋楽は12月4(日)18時開演
残席わずかです!!ご予約はお早めに

DSC06534.JPG
初期に作成したチラシが、12月の中旬が最終公演と明記されていました。
申し訳ありませんが、誤りです。12月4日が最終公演になります。よろしくお願いいたします!!
写真は冒頭の劇作家Jと亡霊達。一緒に劇作をしているのですが、ここの掛け合いで噛むともう気分悪い…と言う事で余念なく練習しますけど、まあ噛む時は噛みます(涙)

明日11月22日(火)18時開演!!当日券あります!

DSC06203.JPG
平日ですが、お待ちしています!昨日も今日も練習がありまして、抜かりなくお客様をお迎えする所存です!どうぞお見逃しなく。あと2回なの。

劇評が掲載されています!朝日新聞
11月15日(火)の朝刊です!

DSC06717.JPG
…本当にうれしいです。大きく扱って頂いています。そして弱点も含めて的確に劇評して頂き興奮です。
(俳優としての私はなんと褒めて頂いていました!)あと2回。地に足をつけて前進したいです。そしてまだご覧になっていない皆様、後悔させないと思います。お早めにご予約ください。

気合い入れて劇場で待つ!11月3日(木/祝)18時開演

DSC04351.JPG
歌舞伎じゃありません…精神科医T先生ノーメイクでの迫力です。演出は初演から突き進んでいますが、もう演出家本人わかんないくらい様変わりしています。春や夏にご来場のお客様も再観劇ください。
1000円と言うチケットで何らかの誤解もあったかと思いますが、気軽に何度も見て欲しいと言う強い意思表示とドラマを作り続けてきた私の人生の挑戦です。ぜひ劇場でお会いしましょう。

泣いても笑ってもあと3回!!
11月3(木祝)22(火)12月4(日)千秋楽

DSC05313.JPG
この9ヶ月間、体調管理、演出の変更、芝居の質の向上と品質の管理。大変だったな。でもあと3回。これからは気温が下がっていくのでサイコシスにはピッタリ。夏の汗はこの芝居のイメージではなかったもんなあ。クールどころか…化粧ははげ落ち、髪はメチャクチャで…もう狂うしかないって感じ(私はそっちの方が調子よかったですけど)秋からは少しファッションも変えて、サイコシスの確信部分にも丁寧に迫りたいと思います。これまで右往左往してきましたが、演出家である私の美意識や大切にしてきた真心をお客様にプレゼントできればと考えています。

10月本番は明日!!花野組「4時48分サイコシス」
10月12(水)18時開演。

DSC05537.JPG
ハートを射止めます…サイコシス最年少の某国立大生、研修医役のイマムラです。頭がいいので医師役は似合うだろうと思ってのキャスティングでしたが、役の仕上がりはどうでしょうかね?当日券出します。
明日はサイコシス本番、久々快晴。ご来場お待ちしてます!

劇的宣言を
2011.10.7(金)

DSC05739.JPG

もし仮に私が主催する舞台の会場がイエスマンばかりで占められたら、花野組は即座に解散します。作品に対して肯定的な人も居れば、否定的な人もいる・・・それが芸術本来のあるべき姿です。しかし、現在の日本の演劇界には、体制の維持を優先するあまり、作り手やお客様の自由を阻害する考え方が横行していて、そして、始末が悪い事に、その渦中に居る人達には異常事態の自覚が無く、知らない内に自ら自由を捨てています。演劇・映画をはじめ、芸術とは「心を自由にする」為に存在するはずです。私は全ての人の「心の自由」を守る為、自由を阻害する物に対し、生涯かけて闘う事をここに宣言します。
2011年 10月7日
(花野組・代表/花野孝史)

速報!編集終ワリマシタ!
花野組「4時48分サイコシス」予告編・YOUTUBEにアップしました!

DSC03984.JPG
初演から8ヶ月後ですからな。うふふ…すみませんノロノロしまして。毎日少しづつ作業を続けていたのです。是非ご覧ください!完成して上機嫌の私。2分ほどの予告編です。
LinkIcon花野組「4時48分サイコシス」

本番直前
9月18日(月/祝)18時開演、お見逃しなく!

DSC05695.JPG
一部だんだん劇画チックになるサイコシス。台風も近づいてるようでまったく不利な状況ですが、
9月も必死でお待ちしてます!ももちパレス小ホール、千円です!

2011.9.7(水)
9月は決着つくのか…。

DSC03729.JPG
演出の仕上げを淡々としてます。ラスト直前に劇作家「J」と亡霊「K」のダンスシーンがあります。これがもうなぜだか足がもつれまして…なぜ?私のイメージとしては映画「サブウェイ(リュックベッソン監督)」のワンシーンをイメージしてましてですね。でも観直してみたけどたいして難しくなさそうにみえるよやっぱり!関係者の皆さん参考までにご覧ください。
LinkIcon「サブウェイ」ダンスシーン

2011.8.26(金)
シャンデリアにヒントがある?

DSC05067.JPG
今回の公演からシャンデリアの光量が調節出来るようになり、雰囲気変わりましたね。以前はつきっぱなしだったので気にはなっていましたが、解決してなかったんです。またゴスロリ系の女の子複数の当日ご来場もあり…やっぱりシャンデリアだな…。この調子で、新しい、演劇を観た事のないお客様にも来て欲しいです。いつもかっこええ写真撮ってくれる花野PDですが、今公演では、なぜかこのシーンしか撮れてなく、あわわ。来月は新演出シーンも掲載します。

2011.8.18(木)
花野組「4時48分サイコシス」明日本番!!

DSC00183.JPG
「出番待ちが一番かっこいいのではないか」…と噂されている、精神科医T役の冷水さんです。T医師の完璧に、たがが外れた演技は見物です。患者役の私より逝っている・・・いや、たぶん発狂のポイントが違うだけ。「愛に関する」命がけの死闘が我々の醍醐味です。明日お見逃しなく!当日券発売します!

2011.8.16(月)
ごめん!やっぱり、もう一度ラストシーン白紙に戻させて!

DSC03550.JPG
8月の本番まであと一回しかリハないけど、もう一度私にチャンスを下さい。あの…誰でも発狂する時はあると思います。役でも狂ってますからネ、演出が奇妙になる時もあると思うの。もう少しまともになるよう今日プラン考え直しますので、出演者(亡霊K)と演出助手には追って連絡します!
本番は、今週末19日(金)です!

2011.8.11(木)
ひらめいた!

DSC04248.JPG
今日演出部の打ち合わせあったんですけど、ラストシーン大きく変えるんです。今まで表現できなかった「真実」を、このサイコシスで描ける日が来たかな。今週はお盆休みを返上して14日練習します。花野組の皆さん、気合い入れていきましょう。これまでの作家活動ずっとそうだったんだけど、私のすべてが形になった時、大きな何かが動いたと思うんです。子供を一人で育てていて若かった私が、映画に出会った時もそうだったし、博多で独立した作家活動を自由に出来るようになった時もそうだった…希望を描く為に絶望のサイコシスを選んだ…その意味が大きな形になるように走り続けます。

2011.7.29(金)
もはや「サイコシス」を逸脱…

DSC04581.JPG
演出を変えながら…と言うのが売りのロングランなんですけど、もともと大幅に演出を変更し、スタッフやキャストを戸惑わせていた私です。それが許されたと言う事ですからネ。写真は前半クライマックスで、劇作家「J」が左腕をなくして、映画監督亡霊「K」と合体して大暴れするシーンです。その…サイコシスと関係ありますかね?病理の一つ「依存」として描いているつもりですが、うーん、きっと唖然とされているでしょうねお客様は。そもそも合体って?そう言えば最近2人の髪型が永井豪先生のキャラに似てきたと感じております。合体はガンダムを含め日本人のロマンでしょう(たぶん)これも歪んだ愛の形。サラ・ケインもきっと許してくれると思います。

「4時48分サイコシス」7月本番終了!!

DSC04472.JPG
今回ご来場頂いたお客様に、演出がずいぶん変わって驚いたと言って頂きました。ずっとあやふやだったシーンの形がはっきりとしてきたんだと思います。で、ももちパレス小ホールって、ちょっと古いホールで空調の音が大きいんですね。お客様に切ったらどうかと言われて、2回目台風通過で気温も下がったので思い切って上演中切ったのです。…お客様も暑かったと思うんだけど、まあ出演者の汗ときたら尋常じゃなかったなあ。私も上演前、髪をセットしますが終演後はもう蛇女みたいにメチャクチャで、男性二人共演者とはまさにサウナでの抱擁と言った感じで、テンションぶり上がりでしたな。でも…今日みんな無事だったかな。ゆっくり休んで欲しいです。そして暑さを共有してくれたお客様、本当に有り難うございました!

7月18日(月祝)18時開演!
7月20日(水) 18時開演! 
「4時48分サイコシス」明日本番!!

DSC04048.JPG
当日券出します。お早めにどうぞ!!写真は劇団四季もびっくりの我々。劇作家「J」と亡霊「K」であります。気合い入ってます。劇場でお会いしましょう!

2011.6.21(火) 
のぼりつめていく感じで

DSC00157.JPG

全国的に今、「4時48分サイコシス」って上演されてますね。特に東京ではまだまだ人気は衰えません。初日のサイコシスは、なんだかんだいっても原本に忠実だったんだけど、今のサイコシスは俳優とスタッフの気持ちも総て一つになって、さらに大きな形になりつつあります。今後、さらにご期待頂けるのではないでしょうか。

2011.6.8(水) 
今週末、6月10日・11日(金曜/土曜)本番です!!

DSC04025.JPG

今朝、目覚めると子猫が私の右目に猫パンチして、もうびっくりだったんですけど、なんだか昼になっても痛みが続いて、これはもしかして本番片目で主演するのか?だとしたら黒い眼帯にしようかね。(唐十郎さんみたいに)小劇場の根性みせるしかないわ。今週末、劇場でお待ちしています!

2011.5.29(日) 
花野組サイコシス稽古110日目

DSC04051.JPG

今日は欠席者も多く、調子悪かったなあ。いつも息が合っている劇作家Jと精神科医Tもなんか微妙…後ろ手で白衣をつかむシーンはずっと失敗してなかったのに今日は忘れるなんて(悲)。6月の本番まであと2回しか稽古がない。演出変えたシーンも含めてばっちりやりたいのです。出演者の皆さん。来週の週末はスケジュール調整と健康管理よろしくお願いします!
LinkIcon花野組公式サイト 復旧した私の個人ブログはこちらからどうぞ。

2011.5.23(月) 
「復活したの!!」花野組公式サイト!!

DSC04237.JPG

でもアドレスが変わっているため、再登録お願いします。しかしブログはずっと書き続けていたのであります。この一ヶ月、本番もあったし、葬式もあったし、猫も拾った。再度ご覧頂ければうれしいです。今後ともよろしくお願い致します!!
LinkIcon花野組公式サイト

2011.5.19(金) 
私のブログは…復旧にもう少し時間がかかります(泣)

DSC04785.JPG

現在、花野組の公式サイト自体が(ヤフーへの入金遅れの為に)ネット上から消滅していまして、入金はとっくに終わっているものの、復旧のメドが未だ立っていません。データは総て保存してありブログも更新し続けているのですが…すでに一ヶ月近く経とうとしてまして。はよしてくれんかなあ。

2011.5.14(土) 
5月13日読売新聞夕刊に大きく記事にして頂いてます!

DSC03889.JPG

この写真で記事にして頂いてます。花野組「サイコシス」私のインタビュー記事が掲載されています!

2011.5.9(月) 
イコシスと何の関係もありませんが、可愛い猫いりませんか?

DSC04940.JPG
3日間くらい子猫が母猫を呼ぶ鳴き声がしていましたが、ついに止んだかと思うと草むらで倒れていた為、もうしょうがなく、私スッピンのまま動物病院へ。しかしですね、猫エイズも白血病もギョウ虫もなく、まったくの健康である事が判明し(ノミとりもその場で完了)ルックスは長毛種の雑種なのかフワフワで目はグレーです。オスで生後一ヶ月で歯は生えています。すっかり元気になりエサも食べてます
DSC04857.JPG
本来なら飼いたいところだけど、同じく野良猫出身である6才オス猫ポンポは、定期的に威嚇しては去っていくと言う弱気な行動を繰り返し、こちらの方がエサも食べてない程ショックを受けておるのです。このブログをみてしまった猫好きの方、ご一報ください。

2011.5.7(土) 
「4時48分サイコシス」ゴールデンウィーク公演終了!!

DSC04174.JPG
熱い4日間でした。私事ですが、初日の朝、ついに祖母が死去して混乱。前日リハは抜けて病院へ行ったのですが、それが最後で死に目には会えませんで、翌日マチネ公演の前に葬式に出るのが精一杯。どうして公演が終わるまで待ってくれなかったのかと。2回目公演の時にはひどい寝癖を直す間もなく舞台に立ち…(ああいう髪型もアーティストならありかもな)。その慌ただしさで、花野組、映画WSの私のブログがヤフーの支払い手続きの不備により、現在停止中。ご心配おかけしましたが現在復旧に向けて調整中です。サイコシスブログは無事でしたので、こちらは引き続きご覧くださいネ!

2011.4.25(月) 
J−COM福岡「Hometown 福岡」ゲストコメンテーターで出演

DSC09834.JPG
JーCOM福岡様有り難うございます。サイコシスGW公演、成功させたいんですよね。告知だけでもさせて頂ければと思っていたのですが、ゲストでよんで頂けるとは思ってもいませんでした。緊張したなあ。4月29日からオンエアされます。
LinkIconJ-com

2011.4.18(月) 
今さらですが「花野組」キャスト紹介します Vol.3

DSC04092.JPG
精神科医T先生役、冷水覚さんです。彼は演技未経験者でした。最初、映画脚本塾でお会いしたのですが、とんでもない脚本(!?)を書いていたので注目していました。サラ・ケインの戯曲にも興味を持ってらして医師団としてお誘いしましたが、決まっていたT医師役の方が降板して、冷水さんに改めてお願いしたのです。稽古熱心で、ほぼ無欠席。頭が下がります。だから、もう100回ぐらい抱き合ってるな。もちろん見たままのイケメンで足も長い方なんですけど、皆さん私を終演後、殴ったりしないでね。

2011.4.17(日) 
今さらですが「花野組」キャスト紹介します Vol.2

DSC03769.JPG
映画監督 亡霊「K」高柳圭一さん。映画「サッドバケーション(青山真治監督)」では韓国ヤクザ役で浅野忠信さんと共演「世界で一番美しい夜(天願大介監督)」でもチンピラ役。ガラの悪い役ばかりですが超一流の監督作品に出演。我々の自主映画「ハルの告白」や「赤い夕陽とリオ」に主演。今回の劇…不毛な愛を描く役所ですが、こんなの演じるの初めてだろうな。趣味は麻雀、パチンコ、Vシネ鑑賞「修羅がゆく」のBOXも買ったそうです。矢沢永吉と長渕剛のファンでもありまして…「サイコシス」…やっぱり相当無理しとるやろうなあ。

2011.4.12(木) 
今さらですが「花野組」キャスト紹介します Vol.1

DSC03900.JPG
亡霊「F」深山純子さん。舞台は初めてですが映画は「世界で一番美しい夜(天願大介監督)」「信さん(平山秀幸監督)」自主映画「空が色を変えた(渡辺聡美監督)」に出演しています。休憩中は、でかいパンか、ホットケーキみたいな変わったパンを食べています(無言で)私と話し合う時に主語や述語がまばらであり、ある日サイコシスについて接点を聞いたら「ラブイズバーニング」とだけ答えました。天才かもな…。
DSC03877.JPG
亡霊「M」松元智加です。花野組ADですが芸歴が長く「海に続く滑走路(花野純子監督)」「赤い夕陽とリオ(花野孝史監督)」我々の映画に主演、準主演で出演。高校生の時、私と舞台で共演したのが最初です。映画「信さん」では小雪さんの方言指導を担当するなど大物と同席。余談ですが、過去、彼女の顔がハムスターと合体している夢を見た事があります。ある意味、正夢だな。手のひらサイズなのか。

2011.3.23(水) 
「4時48分サイコシス」本番3回目!!

DSC04032.JPG
九州大学大橋キャンパス「照明屋」高木恵子さんは20才。通常の舞台照明の感覚とは違った、クールで知的な照明です。サイコシスにピッタリなのだ。3月は満員御礼とはいきませんでしたが、1000円でおつりがくる舞台だと思っています。4月、5月の公演は連続4日間。予約受付始めました。
是非是非、お見逃しなく!!

2011.3.22(火) 
明日は18時00分開演/当日券受付します!

DSC03470.JPG
大きな時計を偶然、見つけて購入。直径1メートルはあります。シャンデリアにピッタリ!昨日の公演は、雨天で出足が鈍りましたが、幅広い年齢層の方にご覧頂けました。涙を流してくれた高校生の女の子とかうれしかったなあ。演出もパワーアップしてお届けしています。

2011.3.20(日) 
明日の公演、当日券あります!

DSC02766.JPG
今日リハでした!明日3時30分開演!!

2011.3.18(金) 
どっちが本物…なのか!?

DSC03405.JPG
「サイコシス」は、医学監修のお医者様にも出演して頂いているんですが…両方、本物らしいなあ!
この二人にロックを感じているのは私だけでしょうかね。天才ぽい。本物で勝負しますよ、我々は!

2011.3.14(月) 
はやく元気になって下さい!

DSC02997.JPG
いつもは気丈な亡霊K役が、死にそうな声で電話してきたと言う事で、日曜の練習は欠席。胃腸炎だったそうです。心配だなあ…本番近いのに。ロングランはもう花野組一同、体調管理に必死なんだけど、医学監修であり出演者の入江東吾先生もついているから究極大丈夫なはず!でも気温差と寝不足には再度、注意しましょうね。(あとドリンク剤のドーピング禁止)

2011.3.7(日) 
初心に返って「サイコシス」を選んだ意味を問いたい。

DSC03323.JPG
3月の本番に向けて週1、2のペースで練習しています。演出が変転するため、一同メモを取りながら、必死です。とはいえ皆さんは、ほぼ全員が仕事を持った社会人…大変な犠牲を払ってこの一年間付き合ってくれたはずです。私はそんな皆さんに対する感謝の気持ちを素直に表現出来ないでいますね…。
DSC03334.JPG
舞台は観客の為にあるものですが、表現者側の意味を問うならば、この舞台が少しでも何か財産になればと思うんです。心の財産だけど、生きる為の財産。サラケインは死んじゃったけど、何とか生きたくて「サイコシス」を書いたはずなんですね。かなわなかったけど。彼女の魂が今、側にあるとしたら、生きたかったと言うんじゃないかな。死が究極の終わりでない事を死んで初めて知ったと思うから。

2011.3.3(木) 
初演後の我々・・・。

DSC02974.JPG
常にマイペースの精神科医T先生。まるで自宅のようなリラックスぶり…意外と出来ない態度であります。最近はジャージ姿で稽古場へ登場。それもまたリアルなお医者さんみたいに見えますね、最近。
DSC02985.JPG
機嫌良くお喋りしている我々。私って気難しいんですけどね。
稽古場でいつも緊張しているので共演者やスタッフに気を使わせていると思います。
亡霊Mだけは昔から側にいてもらってリラックス出来る方なんですね。
DSC02989.JPG
亡霊K、出番待ち。彼とは10年程の付き合いがあります。まさか共演するなんて、お互い思ってもみなかったよね?初演後、なぜかVシネの白竜に似てきたと評判です。彼は多くの映画でヤクザ役を演じています。本性が現れてきたのかな。サイコシスだからもうちょっと、アート系でいて下さい。

2011.2.24(木) 
ロンドンの SARAH KANEサイトに花野組デビュー!感激です!

DSC02906.JPG
初演は多くのお客様にご来場頂き感謝の気持ちでいっぱいです。「難解だけど面白かった。もう一度観に来ます。」とのご意見がアンケートでは一番多く頂いたお言葉でした。そしてもちろん厳しいご意見も頂きました。「完全な失敗作」「花野組の存続は絶望的」「演出家は下の下」等です。…うう(号泣)有り難うございます!燃えている炎にガソリンは必要です。演出を変転させながらロングランは進みます。
3月公演のご予約はお早めに。劇場でまたお会い致しましょう!
LinkIconSARAH KANE

2011.2.18(金) 
2月20(日)初日、満員御礼!!チケット完売しました!
初日、当日券は販売致しません。ご注意くださいませ。

本当にありがとうございます。あさって劇場でお会い致しましょう!
また 3月21(月祝) 15時半開演/ 3月23(水) 18時開演
来月公演のチケットは予約受付開始しています。こちらはお気軽にメールして下さい。

2011.2.17(木) 
2月20(日)初日、残席わずか!

ありがとうございます。すごくうれしいです!今週末日曜日、初日ご観覧希望のお客様はメールにてご予約ください。定員に到達次第、閉め切らせて頂きます。劇場でお会い出来ます事をとても楽しみにしております。(当日券を出せない可能性があります。確実にご予約頂ければうれしいです!)

2011.2.15(火) 
本番を待つ

DSC03349.JPG
今週末、最終リハに向けて。もう準備はできています。心も体も。上演時間は、約1時間55分。
低価格なのは多くのお客様に観て頂きたいから。情熱だけで結束した一年間でした。そしてこれは花野組の大きな賭けでもあります。「生きる為に…」私たちは作り続けてきたのです。

2011.2.14(月) 
「愛される事」

自殺したサラケインは「愛される事」を『その為になら命を捨てても良い切実な欲求』であると、サイコシスの作中、二度も表記しています。凄まじい愛の切望を、劇中で体感して欲しいというのが、演出家である私の目下の切望です。まずは初日。十二分に見応えのある仕上がりとなっています。是非、劇場に足をお運びください。初日の残席は残りわずかです。お早めにご予約ください。

2011.2.9(水) 
「私が消えるのを見て。」

ラストシーンにあるセリフです。誰がどう表現するか半年近く迷った挙げ句、1月下旬にやっと形が出来ました。演じてみて思うのは、本当に動揺してしまっている事です。映画脚本塾の講師をする時に、主人公の心が一番動く瞬間が起承転結の「転」なんだと言ってきましたが、まさにそうなってと言えるかも。まだ出来は悪いけど、本番まで秒読みで、祈るような気持ちで…共演者と一つになりたい。

2011.2.7(月)                             

DSC00331.JPG
昨日練習でしたが、完成したばかりのラストシーンが(最ラストは未完)精神的にハードでナーバスになってます。私らしくないなあ。出てるキャスト皆が大変なのに。本番の為に使っていたお気に入りのペンや、珈琲カップがこの時期になって破損し、それも残念でウジウジしています。やれやれ。そんな暇ないのにね。

2011.2.4(金)                             

「サイコシス」宣伝活動に奔走しています。ずっと演劇から離れていたから、何もかも解らなくなっています。頑張らなきゃね…ゼロからのスタートだから。暖かいご支援、そしてご協力頂いている皆様。本当に有り難うございます!

2011.2.3(木)                             

DSC07712.JPG
花野組「4時48分サイコシス」関係者の皆様へのDM準備完了。チラシ・DM・チケットもイラストレーター jyari さんのデザインです!写真は病院の床で寝転がる劇作家JとT医師…舞台の長さは2時間超、1000円で見応えは充分です。

2011.2.2(水)                             
北九州芸術劇場プロデュース「BEN」

花野組主催の映画ワークショップにも参加してくれた酒瀬川真世さんのブログを読んでいるのですが「BEN」の公演は日曜日は全部売り切れって…す、すごい。我々の初日20日の日曜はまだ残席…余裕であります!ちなみに「サイコシス」初日の翌日から「BEN」は一週間の公演日程。ああ…かぶってなくてマシだったけど、2月20の日曜日はどうぞ、サイコシスをよろしくお願いします!

2011.2.1(火)                             
劇作家「J」は自殺に惹かれ亡霊と心を通わせます。

DSC00143.JPG
生と死は選べない。与えられるものだから。それだけは受け入れる事しか出来ない。自殺者は想像を絶する究極の苦しみを味わうのではないでしょうか。どんな苦しい病気や事故で死ぬよりも。私は自殺という行為の正体も知りたかったのですが、ようやく見えてきました…もうすぐ舞台で答えを出します。 

2011.1. 30(日)

サイコシス81日目。パピオビールームでの練習。ようやくラストシーンが見えました。でもひどい完成度です。残り時間、ここに突っ込むしかありません。前半はもう大丈夫。あとラストだけ!でもホッとしたな。何か大きな山場を乗り越えたのです。サラケインと格闘した結果のラストなのです。

2011.1. 29(土)

こないだのリハで、パンチカーペットが靴底で汚れてしまい掃除。演出部Yちゃん、映画WS原田さん、末松君、お疲れさまでした。この夜。最後の演出プランをほぼ完成させました。眠い。夜中に曲と合わせて一人で演じてみてきっかけ合わせ(!)悲惨な光景です。家族は就寝。猫も無視です。

2011.1. 28(金)

サイコシス練習80日目。完成度の高いシーンとそうでないシーンの落差が大きいのです。なんとかしなきゃね。

2011.1. 26(水)

サイコシス79日目。ラストシーンを手直ししながら前進。亡霊Mの衣装もようやく揃いました。また、研修医Z役がインフルエンザから復活。精神科医T先生は今日は睡眠不足で謎の笑みを浮かべ…。
出演者の皆さん。本番が近いです。心と体の健康管理よろしくお願いします!

2011.1. 25(火)

しつこいんですけど、この期に及んでラストの演出プランが気に入りません。観客の皆さんが「イスも立てない感動」を目指しているから、自身のハードルが高いのです。私はこれまで自分が「生きる」為に映画・演劇に関わってきました。だからこそ、心や魂に直接届く表現にしたい。で、明日練習だけど、こないだ作ったところまた変えます、ごめーん。

2011.1.22(土)

DSC03340.JPG
ももちパレス小ホールでのリハです(照明はなし)。舞台はカタカナの「コの字」型に。どこから観ても見所があるように作っています。映画監督亡霊「K」と劇作家「J」の退場シーン。退廃的な空気は「水色と黒」で象徴したいんですね。

2011.1.19(水)

サイコシス主要キャストで練習。ラストシーンを何度も作り直してます。劇作家「J」精神科医「T」の愛憎の終結と、亡霊「F」「M」との絡みを中心に。亡霊「M」は最近、いつも抱いていた黒猫の縫いぐるみに生命が宿ったと言う展開になり、いきなりですが腹話術師「いっこく堂」みたいな技術がとわれてます!

2011.1.18(火)

DSC00180.JPG

研修医「Z」役がインフルエンザ発病。うわあ…。明日は照明スタッフ込みの練習日。仕上げに向けて変更箇所をまとめていますが、思い通りすすみません。写真は秋頃の練習風景。まだ余裕ある空気だわ。

午前6時、改稿。
2011.1.17(月)

…そして二度寝してしまい共演者精神科医T先生役の方からのお電話でやっと目が覚め…この方の役は劇作家「J」が愛する主治医です。でも、とんでもないキャラクターに仕上がってます。ラストシーンも活躍する準備を早朝からしていたのです。寝ぼけててすみません。

ロッテリアで海老バーガーを食べながらです。
2011.1.16(日)

稽古日は残すところわずかなのに、練習不足のシーン、手つかずのシーン(信じられないけど)があり、不安です。その逆で完成しきっているシーンもあります。バランス悪い。何とかしなきゃね。普段スタッフと話す時間も短い為、今日は色々ADと意見交換出来る訳です。

「砂漠にピラミッドを建てる」
2011.1.15(土)

今日、石井岳龍(聰亙)監督から年賀状頂いて、監督と一緒に脚本を書いていた時の事を思い出したんです。砂漠にピラミッドを建てているような気持ちだったなあ。でもすごく大きなお城が建つのだと興奮していました。創作活動というものはダイナミックで自由で本当に心が羽ばたけるような事だと思うんです。そう言う事を監督はおしえてくれたし、そう言う初心に返って「サイコシス」作ってます。

夜中に目覚めた時も。
2011.1.14(金)

共演者の姿や劇作の事を、夜中に目覚めた時も、考え続けているのでたまりません。作品と言う形になるまで、様々な人々の心が形を求めて彷徨っているみたいに感じられます。もちろんサラ・ケインの気持ちも…。亡くなって13年目になりますが、彼女の気持ちは新鮮に生き続けているみたいに感じられます。この作品は彼女の未完成な遺書だと思うからです。売り物でもない、ただ自身の真実の気持ちを伝えたかった。でも出来なかった。完成させたかった無念が、生きている我々に託されているのです。

劇作家の左腕。
2011.1.13(木)

精神を病んでいる劇作家「J」が映画監督と別れるシーンで片腕がちぎれる妄想に襲われるのですが、マネキンを調達しようかと考えていたところ、花野PDが医療用片腕を発見!!…いい感じやなあ。思い切って買おうっと!

サラ・ケインの遺稿に、思い切った演出を。
2011.1.12(水)

ラストのセリフ「お願い幕を開けて」と言う一行を読んだ時、幕が開けたくて開けられなかった劇作家の無念が伝わって涙しました。私の気持ちとも似てたかな。そしてサラ・ケインの無念は受け取った。だから彼女に代わってでも、大きな拍手を頂きたい。死の間際の人が書いた戯曲に命を吹き込む事は、普通の労力ではありませんでした。今もそれは続いていて、ラストスパート演出プランを書き続けています。

花野組「4時48分サイコシス」特設サイト完成!
2011.1.11(火)

私と花野PDの手作りサイトです。やっとできたー!これまで私のブログでもサイコシス練習の74日間の事は、ずっと書き続けてきましたが、こちらのブログでは更に演出家としての苦悩も堂々と書き綴ろうかと思います。淡々といきましょうかネ。と言った訳で、初日が迫ってきました。ご覧頂いている皆様のご期待に添える舞台になりますように。花野純子